九州の紫蘇栽培のバイオニアである私たちは、最良の紫蘇を安定供給することをめざして、つねに研鑽を重ねています。
そのひとつの現れが困難といわれてきた減農薬栽培への挑戦でした。
土壌に活力を与える新たな土壌菌の開発により、紫蘇栽培に最適な土づくりに成功したことをはじめ、出荷時の残留農薬がほとんどゼロに近い一葉一葉への洗浄など、独自のノウ八ウを蓄積してきました。
そのゆたかな香りとあざやかな色あいには、30年の経験が生きています。


土づくり

収穫の様子

選別作業